« ぼけ復活? | トップページ | 世の男性は優しいね。 »

本に救いを...

ブログランキング・にほんブログ村へお気に召したらポチッとお願い!

本に救いを求めてはいけないけれど
D.カーネーギーの本
「人を動かす」を読んでみようかな
超ロングセラーな自己啓発本の源流
きっと
目からうろこで
泣いちゃいそうかも...

子育てする親向けのハウツー本でも
ほろりとしちゃう私...
ドロシー.L.N「子どもが育つ魔法の言葉」
でも、なんだか泣けちゃう項目があった。
ほんの少し前に手にして
まだ読み切れてないのだけど
菅原裕子「子どもの心のコーチング」
この本の親向けの項目で泣けちゃいました。
最後の方にあるのだけど
先に少し見てしまったの...
子どもの幸せは親が幸せな人生を生きているからこそ...

自分が好きですか?
この問いにハイと言えない自分がいて
悲しいかな
私の親までさかのぼる事になり
この後に出てくる事例にほぼ当てはまる自分がいて
私が自信がなかったり
自分が嫌いなのって
母から言葉の暴力を受け続けていたせい
この事例に出た人と似た感想を
今母に感じています。
当時の母は無知なだけ
感情の高まりのまま
子どもに言葉を投げつけていたんだって
大人になった今は
当時の母の置かれた状況を思えば
仕方ないって思えるけれど
子どもだった頃のトラウマは残ったまま
戻らない消えない
そして当事者である母は
悪い事をしたって気がついていない
どんなに傷ついたのか何も分かっていない...

会社の古株の人と一緒
きっと母も変わらない
私が変わらないとダメなんだ。

以前より母と距離を置く様になったし
前程きつい事言われなくなってきました。
言われても父が言う様に
聞き流す...
聞いてるふり〜
おかしな事はきちんと言う様に...

母も昔程言わないし...
昔より今の方が良好な関係になっているかもしれない
母に関しては思います。

ただ自分の心のメンテは難しい
傷がかなり深いです。
だから
自分の子どもの頃の事は
不幸自慢合戦になってしまうから
思い出したくない
まだ過去を振り返りきれずにいます。

だってだれだって
色んな物を抱えて生きているんだもの
私1人だけが不幸な訳ない
言い出したら切りがない
だから
時々どうして私だけって思う事があるたび
色んな思いと格闘して
悶絶してます。

早く明るく一緒になれる人と
出会いたい
その人が友人でも
恋人でも
どんな立場でも良いから
身近にいて見本になってほしい
息子の父はそんな人でした。
少し前の会社にいた方もそんな
暖かく明るい人だった
同性異性問わずプラス思考な人に
心引かれてならない
明るい人が大好き!!

ブログランキング・にほんブログ村へお気に召したらポチッとお願い!

|

« ぼけ復活? | トップページ | 世の男性は優しいね。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97737/41033691

この記事へのトラックバック一覧です: 本に救いを...:

« ぼけ復活? | トップページ | 世の男性は優しいね。 »