« 我が家の地雷日 | トップページ | 面接でした。 »

むずかしい...

荷物を片付けていたら
私の子どもの頃の写真が出てきた。
子ども時代は毎日ゆうつで
くら〜い時代だったなぁ
トラウマがいっぱい
特に母親とは希薄な関係だった。
今は両親とそこそこ良い関係を築けている。
これは息子のおかげ。
もし息子がいなかったら、
音信不通放置状態だったと思う。

私が息子ぐらいの頃
生きる希望ってのが見当たらない
子どもらしからぬ子どもで
学校と家の往復が苦痛だった。
遠くて途中で行き倒れたことが何度かあって、
見知らぬ夫婦に助けてもらった。
子どもがいない夫婦で、
すごくかわいがってもらった記憶がある。
自分の両親よりこの人達の方が好きだった。
(母にこの話をしたら、そんな事あったのだって...おいこら!)
家が遠すぎて学校が終わり、すぐに帰らないと暗くなってしまう。
せっかく仲良くなっても、遊ぶ事が出来なかった。
近所に私と同じ年頃の子どもはいなくて
集団下校のときは集団のはずが
一人で帰っていた記憶がある
姉とは朝は一緒に出ても帰りは別だった。
学年が違うと帰り時間はあわないし
帰り道が同じ同級生が姉にはいたからだ。
子ども時代、私はいつも一人だった。
保育園も一人で帰ってたもんなぁ〜

大人になって思い返せば、
父は公務員だったけど、当時若い平公務員は安給料
生活していくのが大変だったらしい。
母もいろんな所に掛け持ちで仕事していたから
仕方なかったんだよね...今はそう思えるけど
やっぱり子ども時代は1度しか無いんだから
もう少し希望が持てる毎日過ごしたかったな...。
親と遊んだ記憶がまったく無いのよね...
もう少しスキンシップとってくれても
良かったんじゃないかって思います。
でも親の代わりにかわいがってくれる人に
出会えただけでも幸せだった、そう思っておこう。

息子には同じ思いさせたく無いから
ついべたべたかわいがって しまいます。
だからこんなに甘えん坊なのかな(^^)
親子だからこそ
やっぱ、言葉と行動で気持ちを示さなくちゃ
愛情と信頼関係は築けない気がする!
強い信頼関係があってやっとこ
心で通じ合える仲になれるんじゃないかな?
むずかしけど
日々精進だ〜かあちゃんがんばる!

|

« 我が家の地雷日 | トップページ | 面接でした。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97737/10599704

この記事へのトラックバック一覧です: むずかしい...:

« 我が家の地雷日 | トップページ | 面接でした。 »