« 2005年11月 | トップページ | 2006年4月 »

ショックだー!!

離職表が届いていたので、
職安へ雇用保険の手続きに行きました。
いろいろ手続きをしていて
かなりショックな事実が判明...
「会社からの書類では自主退職扱いになってますよ?」
職安の職員さんからの言葉にかなり驚いてしまった。
(自主退社の場合、給付されるのに3ヶ月かかってしまう、
会社の都合で解雇された場合は認定後すぐもらえるのだ!)
手続きしている間、とってもショックで動揺してしまったけれど、
自宅に戻ると怒りが込み上げてきた!
雇用保険をあてにしている訳ではないが、
急に職を失い、すぐに次が見つかるとは限らない!
現に今まで仕事は見つかっていないし
お金があった方が生活するのに助かる。
会社の都合で辞めさせられた と思っていたのに
こんな手続き取るなんて、
なんてずるい会社なんだろう!!

認定日は4月6日なので、
自分の意見が通ったのか却下されたのか
その日にはっきり答えが出ます。
ああ良い仕事が速く見つかりますように(-人-)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

甥っ子との約束

3月21日〜22日以前一緒に暮らしていた
姉の息子が泊まりにきました。

実家は、二世帯住宅で一階が両親、
二階に姉家族が住んでいました。
そこへ私たち親子が出戻って、三世帯になりました。
私たち親子は三畳一間で生活
赤ん坊から保育園までは特に支障がありませんでしたが、
息子が小学生になり部屋が手狭になった為、
同じ町内にある父名義の住宅を貸してもらう事となり、
一年前に引っ越しをしました。
そんななか、去年の12月姉家族が突然引っ越す事となり
驚きの中での引っ越し...
甥っ子と私の息子は双子みたいに育ってきたので、
引っ越す事に甥っ子が一番驚き悲しんでいました。
引っ越して約三ヶ月ほど、
悲しくて泣きながら電話してきたりするので
甥っ子の気持ちを考えると切なくなります。
でも、子どもは適応応力が早いと思うから引っ越し先になれる 
それまで、息子と二人で電話の話相手になってあげなくちゃね。

その電話のなかで、とある おもちゃ店に連れて行く話をしたので
昨日、三人で行ってきました。
クリスマスに二人がおじいちゃんから買ってもらった、
トレジャーガウストと言う おもちゃの限定ショップで
ガウスト(お化け)を捕まえて、そのお店に報告すると
捕まえた証にカードがもらえるのです。
二人ともこのおもちゃに はまっていて、
(特に甥っ子がめっちゃはまってます。)
ちょっと遠い所にお店がありますが、がんばって行きました。
大興奮の中 一日がすぎて、帰る時間...
甥っ子が 帰るの嫌だ!もう一日泊まりたいよ〜
泣き出してしまい、
次の遊ぶ約束をして なんとか帰っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は片付け

押し入れの片付けを少々しました。
ゴミは山ほど出たのに、
押し入れはそんなに変化なし...どういうこと?
気長に整理整頓しよう。
もうそろそろ、離職表&失業保険の通知がくるはずなので
手続きもしつつ 家の掃除がんばろう。
息子は18日(土)から春休み 学童保育は22日(火)から
(連休気分で昨日はドライブに行きました。)
しばらくは一緒に過ごせることになりそう!
うれしい反面ちょっと複雑...(家にいる=収入がない)
早く仕事を見つけなくちゃ p(・∩・)q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆一周ドライブ

060318_135711

今日は息子ちゃんと伊豆一周ドライブに行きました。 写真は西伊豆黄金崎クリスタルパークにて... 人間万華鏡です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、職なしだー!

3月15日付で7ヶ月勤めた会社をクビになりました。
リストラされたと言うか....
4月から新卒の子を雇いたいから
辞めてくださいって言われました。
ひどい話...。
結局、若い人が欲しかったのに、
求人もそういった記載をすれば良かったのに
私が面接に行ったときも最初から断れば良いものを
なんで雇ったのか疑問ばかりが残る会社でした。

この会社の前いた所は、仕事内容はとっても好きでしたが
会社の経営状態に疑問と不安がある所で
(特に従業員に対する扱いがひどい!)
今回の会社は、仕事が慣れないものでしたが
前の会社よりは、少しはまともな経営体制でした。
(少し変だなと、思う部分がありました。)
でも、勤めていて感じたこと、どちらも個人経営、
不景気で小さい会社って大変だな...そう感じる部分は一緒でした。
なかなか良い仕事と条件に巡りあえないなぁ...。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年4月 »